アルアピア-横段葺き | BHW株式会社  屋根板金施工 融雪システム 太陽光発電  屋根の葺き替えは30年材料品質保障・10年の美観保障のデクラシステムをご指定ください。
HOME  |  会社概要  |  リンク  |  プライバシーポリシー

TEL 0182-37-2326

 

アルアピア横段葺き5つの特徴

  • その1 飛散対策→ 強度

  • その2 塩害対策→ 素材

  • その3 雪害対策→ 厚み

  • その4 変色対策→ 着色

  • その5 漏水対策→ 精度


アルアピア横段葺きについての詳細は、お気軽に当社 BHW株式会社までお問い合わせください。

 

建設大臣「金属横葺屋根材技術」評価

 

建設省は、建設技術評価委員会において金属横葺き屋根材を対象に「中層建築物における耐風勾配屋根の開発」に関する審議を開催。技術目標の適合を審議した結果、アルアピアは一年間に渡る性能データが評価基準をクリアー。

建設大臣の評価書を交付されました。

第94319号(建技評)

開発目標 評価項目
1.標準的な屋根の形状に適合できること (1)施工法(2)意匠性
2.強風時における防水性や、飛散に対する安全性が確保できること (3)水密性(4)固定性能
3.修理の方法が確立していること (5)修理
4.十分な耐久性があること (6)耐食性(7)温度応力
5.在来工法と比較して著しく高価にならないこと (8)工事費
6.積雪地域での使用に対して信頼性があること (9) 積雪地域仕様

国土交通大臣「屋根30分耐火」認定

アルアピアは「屋根30分耐火」の認定を取得。(財)ベターリビング筑波建設試験センターの各種性能試験をパスし「屋根30分耐火」に合格。

FP030RF-9203

(国土交通大臣認定番号)

構造名

硬質木片セメント板18mm+ポリエチレンフォーム

裏張アルミニウム合金板葺屋根

国土交通大臣「屋根30分耐火」認定

アルアピアは「屋根30分耐火」の認定を取得。(財)建材試験センター中央試験所のの各種性能試験をパスし「屋根30分耐火」に合格。

FP030RF-9295

(国土交通大臣認定番号)

構造名

木毛セメント板(25mm)野地板ポリエチレンフォーム

裏張アルミニウム合金板葺屋根

多彩なパネルカラー

※通常のカラーは二次電解着色です。※商品のカラーはWEBの性質上、実物と異なる場合があります。

アルアピア横段葺き5つの特徴

 

<tr >1「飛散」対策 強度 :耐風圧 負圧800kgf/m² をクリアー(建設省技術評価書による) 換算値:最大瞬間風速113m/s相当

2「塩害」対策 素材 : 金属はすべて侵食の度合いが違うが、アルミは10~15年後も、侵食は表層部でとどまり、深層部にまで及ばない。
3「雪害」対策 厚み : 強度は板厚の2乗が引張り~3乗がたわみ強度なので、従来の板厚と比べても3倍~5倍の強度がある。
4「変色」対策 着色 : アルミサッシと同じ電解着色(両面)なので表面からの侵食もなく、両面共にメンテナンスが不要。
5「漏水」対策 精度 : 水密性試験では防水性区分40(最高グレード)に該当 <散水量はJIS A6510:4L/m²・minに準ずる>

 

 


アルアピア横段葺きアルミ屋根パネルについての詳細は、お気軽に当社 BHW株式会社までお問い合わせください。